アイピル,通販,即日発送,薬局

アイピルは薬局で市販されている?

MENU

アイピルは薬局で市販されている?

アイピル,通販,即日発送,薬局

 

アフターピルは、性交後に服用することで妊娠を防ぐ薬であり、コンドームの破れや脱落などがあり妊娠する危険性が高い時などに服用します。

 

ただ性交から約72時間以内に服用しないと避妊の効果が薄れる可能性もあり、100%避妊を防ぐことができるものではないことに注意を要します。

 

その仕組みは、子宮への受精卵の着床を阻止することによって避妊を実現させます。ただ受精卵が着床してしまった場合、避妊の効力が発揮できなくなります。

 

実際にアフターピルは、薬局やドラッグストアなどで市販されているかどうかについては、市販されていないというのが結論です。

 

つまり店頭に並んでいたり、薬局などの薬剤師に相談して、簡単にそれが手に入れることができない特徴を持っています。

 

それを手に入れるためには、産婦人科やクリニックなどで医師の診断を受ける必要があり、そこで処方してもらうことで手に入れることが可能となります。

 

アフターピルの処方自体は、クリニックの自由診療の領域に含まれ、診察したクリニックにより料金にも違いが生じますし、健康保険が適用されません。

 

その他の手に入れる方法としては、個人輸入代行で海外から取り寄せをする方法が存在します。

 

ただ個人輸入代行による方法は、注文してからアフターピルが送られてくるための時間がある程度かかるため、あらかじめ入手しておくことが重要です。

 

なおアフターピルの入手に個人輸入代行を利用するメリットは、クリニックごとに料金がまちまちでなく、安価で入手することができることです。

 

そのため、安価であり医師の処方を必要としない点で、個人輸入代行で入手する方法はおススメとなります。

 

アイピルTOPへ