アイピル,通販,即日発送,薬局

アイピルの副作用と服用方法

MENU

アイピルの副作用と服用方法

緊急避妊薬であるアフターピルにはヤッペ法とLNG法の2種類があります。この2つの成分は女性ホルモンで同じですが、飲み方と金額、タイムリミットなどに若干の差があります。

 

アフターピルは性行為を行った後72時間以内に飲むことが大切です。受精卵が着床すると妊娠が成立するためアフターピルによって排卵を遅らせ、受精卵を着床しないようにします。

 

LNG法では性行為後120時間以内に服用をしても効果が現れますが、中絶薬でないため着床してしまうと効果はありません。

 

着床する前に飲むことが大切ですので、できるだけ早めに飲むことがとても大切になります。

 

事故に巻き込まれた場合など産婦人科を受診するのはとても勇気がいりますが、自分の身を守るためにもできるだけ早く医療機関を受診し、薬の服用を開始しましょう。

 

アフターピルは比較的安心な薬で副作用もさほど強くは出てきません。特にLNG法では副作用を抑えることができるため、日常生活に影響が出ることも少ないです。

 

主な副作用には生理痛のような下腹部痛、不正出血、眠気、だるさ、頭痛、吐き気、嘔吐があげられます。

 

特に多くの人が感じるのが嘔吐で、薬を飲んで2時間以内に吐いてしまうともう一度同じ量の薬を飲まなくてはなりません。

 

飲んでから2時間は吐かないように気を配ることが大切です。なお、これらの副作用は長くても1日で軽減されていきます。

 

また、もし妊娠超初期に飲んだ場合でも胎児に影響が出ることはありません。

 

アイピルTOPへ